サインレスのクレジットカードは不正利用されるのか?

- サインレスのクレジットカードは不正利用されるのか?

サインレスのクレジットカードは不正利用されるのか?

サインレスのクレジットカードは利用できないことも

サインレスのクレジットカードは利用が出来ず、使用を拒否されることがあります。
これはカード決済を行う店側にも確認の責任があるからで、確認不足や不正使用の疑いがあるのに決済をしてしまうとトラブルのもとになるからです。
ただし、私用が出来るかできないかはお店や店員の判断に左右される部分があります。
サインレスのカードを拾って誰かが使ったとしても、そのまま決済されてしまうこともあり得るのです。
この場合はカードにサインをしていなかった所有者の責任になるケースが多く、保険などの補償などがあっても適用されず、不正利用でも支払いが必要になる場合もあります。

サインレスで使える場所は増えている

クレジットカードで注意したいのが、スーパーやコンビニではサインレスで利用できるケースが増えている点です。
クレジットカードの裏面にサインが無くても、サイン自体を確認しないため決済が出来てしまう場合があります。
これはカードを扱う店側の都合で、盗難などの不正行為で使われるカードがごく一部だからです。
毎回カードを確認し、サインや暗証番号の入力を求めるよりも、多少不正があったとしても賠償をした方がプラスマイナスでメリットが大きくなる場合があるのです。
かわりに一定金額までしか決済できないように設定されていることが多く、高額の不正利用は難しくなっているのもポイントです。

複数個所で使った場合は不正利用がわからない場合も


クレジットカードには様々な種類があり、セキュリティが厳しく不正利用に敏感な会社も存在します。
例えば限度額非常に高いカードで少額の買い物を繰り返すと、セキュリティ上カードの利用が停止されるケースもあります。
普段の使い道と比較して、不審な利用があった場合は停止するシステムが存在する会社もあるのです。
一方で、少額決済を前提にしたカードであれば長期にわたって不正利用に気づかない場合も出てきます。
サインレスの長期間放置したカードが盗まれてしまった場合などは、気づくのに遅れてしまう場合があります。
最初にサインをすることと、不審な引き落としが無いか自分で定期的なチェックをすることも必要なのです。

気づいた場合は早めに停止することが基本になる

サインレスのカードは常に不正利用の危険があります。
利用するお店によってはセキュリティがうまく機能しない場合や、カード会社が不審に思わないケースがあるからです。
また、サインレスであっても利用できる場所もあるため、カードの紛失に気づいたら迅速にカード会社に連絡するのが基本になります。
補償がきかない可能性はあるものの、それ以上使われなくすることが最優先です。
いざという時のために連絡窓口を携帯電話に登録しておく方法もあります。
特に夜飲んでいる間に落とした場合は、不正利用される可能性が高まってしまいます。
サインをするのは基本ではあるものの、サインをしても不正利用はあり得るため、防犯意識をもって管理することが大切です。

Similar Posts:

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright © 2016 最新のクレジットカード現金化の事情について All Rights Reserved.